<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
見定める重み。
先日の 牛丼家とマーケティングとの関係性について。

我々が、現在関わり出しています 伝統工芸 にも似たような事はおきますし、
実際 現在 同じ状況のところも見られます。


現在、一つの 流行り と言う感じで、伝統工芸品 に注目が浴びております。


同じく、様々な 補助金・助成金 も氾濫しており、それを 上手く使って 商品・作品 を
大量に生みだしている産地も見られます。

その中で、もちろん 上手くいっている産地や伝統工芸もありますし、非常に参考になるところも見られます。



しかし、大多数は

補助金を処理する為の 商品。
助成金の報告書を提出する為の 商品。

これらが目にするものの大多数ではと思います。(大げさですが・・・)


補助金・助成金 自体、どうしても単年度事業での成果を求めるものが多いので、
仕方がない面はあるのですが、あまりにも 補助金・助成金 を処理する為の
動きではないのかと疑問を持つ面が多いです。


そこで 牛丼家とマーケティング に 繋がりますが、産地・伝統工芸・自社 に取って、
どうすることが 一番の結果につながるか。 を見定める必要があるのだと思います。


テナントが空きました→駅前近くだから→オープン!→今後の来店予測微妙=すき家

出店したい→しかも駅前近く→駅前近くでも メイン通り→テナントが空くまで待つ
→しばらくテナントが空くまで時間がかかる→でも、妥協しない→念願のテナントが空く
→出店→今後の来店予測 大幅に期待できる!=吉野家!!



まあ 実情は知りえませんが、仮説でも 今回の牛丼家の出店については、これほどまでに
大きな流れの違いを想定できます!


伝統工芸も、どこの産地も厳しい現状ではあるのだけれど、一つのプロジェクトを動かす事を
どこまで将来像をイメージしての動きを持てるかが勝負になると思います。


現状・将来 共に 見定めることが、そのプロジェクトの重みになると思います。
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-27 14:13 | 伝統工芸
牛丼屋 と マーケティング の関係性
私どもの 仕事の拠点にしている 駅前に 吉野家 が、オープンしました。

駅前のメイン通りに オープンしました。

もともとは、本屋さんがテナントとして入っていたんですが、昨今の 出版不況 のあおりで、
撤退したんです。


この駅前には、松屋 がもともと出店していて、その後 駅前通りから 一本曲った通りに すき家
が、オープンしていました。


そこで考えたんです。 もしや!

吉野家は、駅前のメイン通りのテナントがあくまで、出店のGOサイン を控えていたのではと?


どう見ても この場所での出店は、売上に直結する 出店です。

それに比べ、すき家 は・・・・・・です。



私は、吉野家に知り合いや友人もいないので、この出店のタイミングがどうなっているのかは、
あくまで 推測レベル ですが、しかし 不動産屋 との連携、駅周辺の調査 などなど。。。。

かなり 綿密 な マーケティング を行なっているのかと、考えてしまいます!


業界内 で NO1 を 死守する・死守出来ている 会社の 『強み』 は、このようなところにも
あるように、感じずにはいられません!


しかし、すき家 は・・・・・・・
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-18 22:53 | 伝統工芸
新しさを生みだす チカラ
新しさを生みだす過程で、必ずしも いままで世の中になかったモノ を生みだす必要は
ないように感じています。


いままでなかったモノ を世に出す 事の方が、インパクトは 確かにあると思います。


しかし、それだけが 新しさを生みだす手段ではないように感じます。



一本の線の わずかな歪み・変化。



それだけでも、大げさに言えば 世の中を変えられる チカラ を持つものだと思っています。
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-17 20:08 | 考えごと
立ち止まる勇気について
昨日のメールで書きました内容で 立ち止まる勇気 について
少々 言葉足らずになりましたので、補足します。

『立ち止まる勇気。』 と書きますと、

何もしない。
マイナス思考。

と感じてしまいますが、決してそうではありません。


私が思っている 立ち止まる という意味は、決して

その場から動かない。
いままでの過程を守る。

と言うことではないのです。


むしろ逆で、立ち止まる 間に 冷静に いままでを見つめなおしながら、先を見据える準備を
進めることだと思うのです。


立ち止まる = 足元を見つめる

のではなく

立ち止まる = 未来を見据える準備をする


あくまで 目線は、下を向くのではなく

笑顔で前を見据える目線を持つことだと思っています。
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-16 21:45 | 考えごと
進む勇気。 立ち止まる勇気。
先日の インテリア ライフスタイル展。(話が続きますが・・・・)

ある会社が、大物有名デザイナーとの新商品を発表していました。

その会社は、たまたま 昨年の インテリア ライフスタイル展 に出展していて
非常に興味を持った会社でした。(その時点では、デザイナーとは組んでいないと思われます)

その商品は、自社で試行錯誤しながらの商品で、規模は小さいながら がんばってるなぁ~ と
思ったものです。


そこで、今年の新商品発表。


たぶん、今後 様々なメディアで取り上げられることになることは推測でき、その会社としての
認知度 と 売上 は、大幅に上がると思います。

ただ私は、今年の新商品に対して 昨年ほどの興味をいだきませんでした。

感じ方は人それぞれで、たぶん 私のような感じ方の割合の方が少ないと思います。


なぜ興味をもたなかったか?


その会社は、進む事を決断しました!
その結果、いままで積み重ねてきたことに対して、ある意味 決別したことでもあります。
(大げさですが・・・)

進む事を決断した この会社の答えが出るのは、数年後です。


その時に、『立ち止まる勇気。』 の判断を下さなかったことに対して、
後悔しない結果にならないよう、人ごとながら 願います。
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-16 03:39 | 考えごと
インテリア ライフスタイル展 その2
インテリア ライフスタイル展 で 思うこと。

足を運び いろいろと 見たのですが、モノの良し悪し も気になりますが、
時間とともに、価格について モヤモヤ しています。

商品の 価格・値段。

まあ、それは 安い に越したことはないですが、
でも、適正価格 っていうのも あってもいいと思うのです。


ある、伝統工芸の産地の ブース を拝見し、価格をみて びっくり!

『 安い!』 という言葉が思わず出ました。


私自身も 少し前で まだ 伝統工芸などに 関わる前ですと、
品質よりも 安さ で選んでいたかもしれない人間ですが、
関わりを持てば持つほど、

きちんとした評価がされていない。

という、不満と問題に 直面するようになり出しました。
(これは、私が現在関わっている産地にも当てはまります。)

高ければいいということではありませんが、
でも、時間と手間と素材を吟味して 製作される商品・作品 に対して
消費者が きちんとした価値観 持っていただける 方向付けをしていかなければ、
結局は 価格競争 の世界に巻き込まれてしまう・・・と感じます。


現状の 伝統工芸は、まだまだ 難しい面が多いですが、
でも、伝統工芸でなければ 表現できない部分もあると 確信! しています。


デザイン性 でもない、機能性 でもない、

伝統工芸 だから出来る 表現って、あると思うのです。
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-14 23:07 | 伝統工芸
大物人物 訪問。 内山紙 飯山市
昨日、内山紙 が伝わる 飯山市へ、ある 大物人物 が訪問されました。

詳しくは、控えさしていただきますが、現地からの報告によりますと、
昨年から 動きだしている 内山紙プロジェクト の活動の様子が、
その大物人物 訪問のきっかけになったようです。


我々が 内山紙プロジェクト へ関わらせていただき、商品としての売り上げ が伸びるのも
もちろん 重要ですし うれしいのですが、

それ以上に、「内山紙」 そのものに 興味を抱いていただくのが、なによりもうれしいのです!


とかく、商品を 世に出す 事に 目が行きがちですが、でも その商品から どこまで
伝統や産地が、認知 されるかは、いささか 疑問です・・・・


そうではなく、時間はかかるかもしれませんが、本当の良さ 「本質」 みたいなものを知って頂く事が、実は 商品を 生み出すことよりも 重要になると、我々は思っております。


このような考えを 実践 していたのが 内山紙プロジェクト です。



今回の 大物人物 訪問 もそうですが、少しずつ プロジェクトに関わる人達が
動きだしている ことを、実感している。

そんな毎日です!
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-13 23:35 | 内山紙 (和紙)
インテリア ライフスタイル展
6月11日 より 本日まで 開催されています インテリア ライフスタイル展 へ
初日に 足を運びました。

あ~ 疲れた・・・今年は・・・という感想です。

いままでも、見応え のある展示会でしたが、今年は 更に 密度が濃く! なっていた感じです。
(会場の大きさは 変わらないのですが・・・)

我々が、伝統工芸 との 商品企画・開発・デザイン などに関わりだしているのも、そう思わせる流れなのかもしれませんが、冷静に 頭の中を整理すると、

数年後にこの中の商品が、どこまで残るのだろうなぁ~ と感じました。


もちろん我々の関わるプロジェクトで 生み出される モノ も同じなんですが、
生み出すことは、簡単で (そこまでの過程は、もちろん大変で時間はかかってるんですよ。)
でも 生み出した先・発表した先 が、本当に重要で大変なんだと思います。


改めて、同じ土俵に乗るであろう ライバル達 の様子を見に行き、こんなことを感じさせられました!

落ち着いて、がんばらねば!!
[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-13 11:46 | 伝統工芸
「いっとじゅっけん」 内山紙 インタビュー
関東経済産業局 の 月刊広報誌 「いっとじゅっけん」 に、内山紙 の昨年からの プロジェクトの様子をインタビューしていただいております。

今回は、内山紙の若手の伝承者のインタビューです。
このような紙面を目にしていただき、内山紙に興味を持っていただく きっかけ になると、我々 プロジェクトに関わる者としても、うれしい限りです!

行政関係・関係者の広報誌 のようですが、目にしていただいた方は、プロジェクトの概略を読んでいただければと思います。

いっとじゅっけん内容

[PR]
by dstudio_megane | 2008-06-08 20:08 | 内山紙 (和紙)

コンセプトデザインから商品デザインまで、一過性で終わることの無い「根付くデザイン」をプロデュースいたします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
ごあいさつ
内山紙 (和紙)
伝統工芸
考えごと
megane 活動
独り言
未分類
リンクなど
5x8productsのブログ
5x8productsのブログ

江戸切子の店 華硝様のブログ
江戸切子の店 華硝様のブログ

いつもお世話になっています
F様のブログ

F様のブログ

インテリア・建築設計業務は
こちらもどうぞ

GOAT WORK’S建築事務所

ブログランキング
ご協力願います!
クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 全国地域情報へ

にほんブログ村 デザインブログへ

にほんブログ村 デザインブログ アートディレクターへ
以前の記事
2013年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧