<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
誰のためのプロジェクト?
先週、とある 行政 が企画・募集している プロジェクトの説明会に行ってきました。

このプロジェクトとは、伝統工芸品 というよりも、技術力がある 町工場 をバックアップし
スポットライト を当てるという主旨のプロジェクトのようでした。


基本的には、町工場側 も それに参加する デザイナー といわれる人達も、「自己負担」 が基本という
プロジェクトでした。

まあ、「自己負担」 自体悪い訳ではなく、むしろ それにより 自社 の やる気 を測れると思うので
それ自体は 受け入れられるのですが、プロジェクト を企画する側の 参加者 の中に

某大手 広告代理店 の名前を発見しました!

そこで私は ん? と思った訳です。

企画作成 に、一番お金かかっとるんではないかと??


で、企画側の担当者 が、プロジェクター で説明する訳ですが、
その説明に気持ちが全くと言っていいほど こもっていない 訳です。。。。。

どこかの 企画の使い回しか、似たような事業の企画を写したかの様な 内容。。。。。

どんどん 聞けば聞くほど テンションが下がる訳です。


その説明の後、このプロジェクトに参加する 町工場 の方々との交流会が開催されたんですが、

多分、企画事務局側の 絵に書いたような 説明により集まってきたと思われ、
参加者サイドからの熱意もいま一つ伝わらないんです・・・・

そこには、
「デザイナー という人間は、魔法を使える人達だ!」 的な、
全面的に こちらに委ねる様な雰囲気が蔓延しているんです。

結局 町工場側の方々は、
デザイン は、デザイナー。
売る事は、プロジェクト事務局側。

そんな空気が流れているんです。


まあ、こういう空気が流れているのは、決してこの地の町工場だけでなく、
様々な地域でこういう空気が流れているんだと思うんです。

ですが、実は一番変化を求められるのは、プロジェクトに参加する 本人達 なんです。


そこの気持ちが一番試される訳で、
そこを出さないと、結果的に 悪い意味で 多くの 「自己負担」 が発生し、
プロジェクトへ参加した事を 後悔 してしまう訳です。


そうならない為にも、是非とも 次回の交流会までには
意識の変化を期待したい訳でございます。
[PR]
by dstudio_megane | 2009-05-26 18:01 | 考えごと
売ることの大変さ。
お知らせしましたとおり、5月の連休中に クラフトマーケット という展示会に出展しました。

この展示会は、その場で 販売ができますので、
クラフト作家さんとしては、願ってもない 展示会だと思います。

我々も、もちろん 産地の作り手さんにご協力して頂いたのですから
売れて欲しい気持ちで 3日間 会場におりました。


しかし、「売ること」 と言葉では簡単にかけるのですが、
実際に 「売るためのこと」 には、そこへ至る準備が必要になります。


今回 出展しました クラフトマーケットは、まさに 「売ること」 を目的で出展したのでなく
「売るためのこと」 への準備を
する為に、展示を行いました。


それは、大きな展示会会場でバイヤーさん向けへ発信する展示会だと、
結局のところ バイヤーさんの主観が入りこんでしまい

もちろん バイヤーさんは、時代に敏感ですから その判断に クレームを付ける訳ではありませんが、
しかしその先に存在する実際にお買い上げ頂く お客様の表情 や 言葉 は
そう言った バイヤーさん向けの展示会では聞こえてきません。


そこで我々は、あえて 今回出展した クラフトマーケット へ出展したんです。
それは対象としているのが 一般のお客様 だったからです。


一般のお客様は、ある意味 バイヤーさんなんかよりもシビアです。

3日間、人出はあいにく少なめではあったのですが、
私は、その一般のお客様が 今回の出展した 「KAGO袋」見た一瞬の表情
逃さずに食事もそこそこに、観察しておりました。


そこで感じた 「KAGO袋」 の評価として 私は、いける!
と思いました。

もちろん、これからまだまだ準備が必要ではありますし、
産地の作り手さんの意識の変化も求めなければいけないですが、
しかし、反応としては 良好でした。




「売ること」 と 「売るためのこと」

この部分。
実は、産地・作り手さん等の当事者とっては
商品の カタチ・デザイン 以上に重要だと思うんですね!


それは、人任せにしないということです。


最終的に 市場に卸す上では、バイヤーさんなどのお力が必要ではありますし、
その為の 展示会 などに出る必要性もあるとは思います。


しかし、プロデューサー や コーディネーター や、行政のバックアップに任せる・頼るのでなく、
あくまで 当事者として、身近な距離を知ること。

皮膚感覚 とでもいいますか


この部分を素通りしている モノ が、あまりにも多いように感じます。



何故そうなっているかというと、
こういう部分で フォロー する人達が、意外に少ないからだと思うのです。

補助金・助成金 に関しても、このような部分よりも
やはり 「売ること」 に主眼を置いている 為に、
関係者は、プロジェクトを遂行する上で、 「売ること」 に意識が向いて行くのです。


その事で、モノができて しかも デザイン性もいい! だけど 売れない。。。。。
そんなスパイラルに陥っている 産地・作り手さん を見かけます。



それを脱するきっかけにするのは、やはり もう一度 一般のお客様に近づくことだと思います。


今回のクラフトマーケットでも、お客様から 同じ言葉を何度も聞きました。
多分、その言葉は プロデューサー や コーディネーター や、行政のバックアップに任せる・頼って
いては、現場へ届かない言葉だと思います。



「売ること」 と 「売るためのこと」

微妙ではありますが、プロジェクトを成功へ導くためには、
この違いを、如何に自分達が常に意識出来ているかを試されるのだと思います。





ブログランキングに ご協力願います! クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by dstudio_megane | 2009-05-14 13:41 | 伝統工芸
みなさん。ありがとうございます!
お知らせしておりました クラフトマーケット。
無事 終了いたしました!

会期中は、あいにくの雨でしたが、
多くの方に 足をお運びいただき、ご興味を持って頂き
この場をお借りして ありがとうございました。


今回の展示会の出展商品の説明を、改めてさせて頂きます。

「KAGO袋」


歴史はあるのですが、認知が残念ながら低く、
また、現在製作しているラインナップが、いま一つ 現代のライフスタイルに
マッチしていないと我々は考えて、今回の展示へ向けて
もう少し コンセプト や 使用目的を絞り、お客様にイメージして頂けるような
モノを考えました。


f0165714_9453332.jpg



コンセプト

お出かけの際、お気に入りの 鞄 と一緒に 定番サイズの「紙袋」 を持ち歩くシーンを、
日常で目にします。

シーンや着こなしに合わせ、人は鞄を自然と使い分けますが、
+α で持ち歩く 「紙袋」 は意外にも 鞄ほど 気にしないのではないでしょうか?

紙袋は便利なアイテムとして愛用されていますが、 「破れる・古びてくる」 など、
どうしても劣化し、折角の[ブランド紙袋〕も台無しになりがちです。

そんな+α で持ち歩く 「紙袋」サイズを意識して、
新しい感覚の [KAGO袋] を愛用してみてはいかがでしょう?

馴染みのサイズで使い勝手がいいのは勿論、
幾何学模様の 『行李柳・籐の網目』 が、ワンランク上の気品を惹きたてます。

千年の歴史を編みこんだKAGO袋は、使えば使うほど風合いを楽しめます。

ちょっとのお洒落をしてみませんか。


このような考えのもと、3日間会場でお客様の様々なご意見を
お聞きすることができました。

おおむね、こちらが当初イメージしていたよりも、
お客様の評価が高く、完成度としてもお褒めの言葉を頂きました!



これが、まずはスタートです。

今回の展示会で感じた事を、早速 来週 産地の作り手さんへ届けます!


スピードはゆっくりですが、しかし 確実に歩めるように
取り組んでいきたいと思います。


また、次回の出展情報など決まりましたら
お知らせさせて頂きますので、
よろしくお願いします。





尚、今回の展示会サイドでOPENされましたブログ でも、情報をアップしておりますので、
合せて御覧ください。

展示会ブログ http://ozone-craft-m.com/weblog/user/1061




ブログランキングに ご協力願います! クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by dstudio_megane | 2009-05-11 19:32 | 伝統工芸
クラフトマーケットまで、残りわずか。。。。
おはようございます。

カレンダーを見たら、5月 じゃないですか! マズイ・・・・


先日もお知らせいましたが、5日~7日 まで クラフトマーケットという展示会に出展いたします。

ギリギリまで準備が続きますが、
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

会場では、お気軽に声をかけて下さいね!



私ども デザイン創造工房 『めがね』

新しい作り手さんとの出会いにより、ライフスタイルにとけ込む
新しい伝統を発信いたします!

1000年続く 伝統工芸品 の 新しい提案です。


その名も 「KAGO袋」

f0165714_20505793.jpg



日常で使える。

使い込んで深みが出る。


そんな商品を、下記の会期で発表いたしますので、
宜しければお越しいただければと思います。


尚、展示会内のブログ でも、情報をアップしておりますので、
合せて御覧ください。

展示会ブログ http://ozone-craft-m.com/weblog/user/1061


イベント概要

OZONEクラフトマーケット2009

〈3期/3日間〉 5月5日(火・祝) / 6日(水・祝) / 7日(木)

会場案内:リビングデザインセンターOZONE
開館時間:10:30〜19:00


ブログランキングに ご協力願います! クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by dstudio_megane | 2009-05-01 19:07 | 伝統工芸

コンセプトデザインから商品デザインまで、一過性で終わることの無い「根付くデザイン」をプロデュースいたします。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ごあいさつ
内山紙 (和紙)
伝統工芸
考えごと
megane 活動
独り言
未分類
リンクなど
5x8productsのブログ
5x8productsのブログ

江戸切子の店 華硝様のブログ
江戸切子の店 華硝様のブログ

いつもお世話になっています
F様のブログ

F様のブログ

インテリア・建築設計業務は
こちらもどうぞ

GOAT WORK’S建築事務所

ブログランキング
ご協力願います!
クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 全国地域情報へ

にほんブログ村 デザインブログへ

にほんブログ村 デザインブログ アートディレクターへ
以前の記事
2013年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧