<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
オープニングパーティー
おはようございます。

さてさて、昨日辺りから 東京都内では 毎年恒例の 秋のデザインイベント週間が始まりました!

我々は、残念ながら 今年は参加しておりませんが、
28日金曜日夜に、都内某所で開催された 某展示のオープニングパーティーに
足を運びました。

実は、このブログでもご紹介いたしました 四国巡業の際に 香川県へ足を運びましたが、
そこで出会った 高松市在住のデザイナーさんが 出展されているという事で
ご挨拶もかねまして伺いました。

展示自体は、どれも興味深い物ばかりで
出展者のテイストと言いますか、海外留学 特に オランダ での学んでいる方が多いというのも
ありますが、アートとデザイン をいいバランスで表現している様な展示・商品が多くあり、
なかなか参考になる展示でした!


会場へ伺いますと、顔見知りのデザイナーさんもちらほら見かけ、
そうなりますと、会うたびに話し話題でもあるのですが、

業界裏情報的な話しになりまして、一堂 うんうん と首を振りながら、変な仲間意識と言いますか、
共通する問題としてついつい話し込んでいました。。。。。
[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-30 12:10 | megane 活動
讃岐うどんと丸亀城 丸亀にて打合せ 四国巡業 最後
こんばんは。

すっかり 旬のネタでは無くなりましたが・・・・四国巡業最終となりました。


前日の食事会後、久しぶりに 丸亀の夜を堪能しまして
この日は、来シーズンへ向けての 打合せとなります。

さて、いつもの丸亀市某所へ移動する前に
丸亀城から市内を見学する事としました。

f0165714_192836100.jpg

あいにくこの日は雨模様の中でしたが、通称「讃岐富士」を パチリ。
いつ見てもきれいなカタチをしています。

さて、打合せに入る前に
ここでは休館日以外は、うちわ作りの実演を見る事が出来ます。

この日の担当は、私も面識があります Aさん が担当日。
美しい うちわ を作ることで、産地でも貴重な人材です!

この日は、地元の小学生が社会科体験で 来館中。
作業すれすれに 顔を近づけられて、少々 緊張気味で作業しておりました。
f0165714_19382627.jpg


我々のうちわ背風景は、白熱した話しをしていたもので 忘れてしまいました。。。。
途中昼食は 讃岐うどん です。
f0165714_19391672.jpg


今回の打合せでは、産地の作り手の方の 産地内でのポジションと言いますか、
いろいろと 考える事が噴出してきた 一年だったようで、
こちらとしても 考えさせられる一日となりました。

伝統的工芸品を発信する事 と 作り手の価値を伝えること。


我々としても、どうにか突破口を見つけたいと思っていますが、
なかなか難しい問題です。


そんなこんなで 夕方となりまして、帰宅の途につく事となりました。
作り手の方より お土産を頂き、車内で食す事となりました!
f0165714_1938643.jpg



今回の四国巡業は、収穫が多いものとなりました!


一方で、考えさせられる部分も多くあり、
今後の活動で、いろいろと突破策を見つけていきたいと思います。
[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-25 19:39 | 伝統工芸
夜は骨付鳥 高松~丸亀 四国巡業 その4
こんばんは。

さて、四国巡業も残り僅かです。


午前中に イサムノグチアトリエ周辺をご案内頂いたあと、
高松市内に移動です。

丸亀うちわ の作り手の方とのお付き合いが始まった直後に
香川県内で丁寧に伝統工芸品を発信して頂ける会社やショップがないかと
いろいろと調べてみますと あったんです!

最近は、メディア でも取り上げられる機会も多い 高松市内にあります IKUNAS(イクナス) です。
こちらは、本当に丁寧に伝統工芸品を販売・紹介 されており、
訪れるたびに 地方都市で、この様なショップが増えると いいなぁ~ 思わせるショップです。

高松駅から 地元私鉄 通称 「琴電」 にのって
訪れる事にしました。
f0165714_21484297.jpg


IKUNAS(イクナス)を訪れたあと、地元で丁寧にお仕事をしています 木型職人さんを
訪問する事としました。
f0165714_21502848.jpg

f0165714_21504467.jpg

お仕事中のところ 2時間程 おしゃべりしました!

前から気になっていた伝統工芸品でしたが、今回訪問し 更に興味増大!

今後、面白い事が出来そうな予感です!!

その後、次の日の丸亀うちわの作り手の方との打合せの為に 丸亀へ移動。

夜は、本年の忙しさの慰労を兼ねて、食事に行きました。


丸亀市が発祥とされている 骨付鳥 一鶴さんにて、今年の忙しさをつまみに
夜遅くまで話が尽きませんでした!
f0165714_21551914.jpg

写真は、肝心な 骨付鳥 を食べた後の しめごはん ですが。。。。。
[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-20 21:56 | 伝統工芸
幻の和紙 内山紙(うちやまかみ)
こんばんは。

四国・北陸巡業の報告は、小休止。


昨日、久しぶりに池袋へ足を運びました。
理由は、数年前 関わらせていただいた 長野県飯山市 に伝わる 内山紙(うちやまかみ)
唯一の伝承者となる Aさん に久しぶりにお会いする為に行きました。

土日で開催されておりました 信州発 食と味覚フェア とイベントに
出展していたのですが、まあ 廻りが飲食関係がほとんどで、
試食も出来ることから、せっかくの工芸品は 影が薄かったです・・・・
f0165714_18371749.jpg


さて、本日は その情報ではなく、 幻の和紙 についての報告です!

少々 大げさなんですが、しかし 本当に貴重な和紙なんです。
全部が全部では 無いのですが、
こちらの産地で生産されている 一部の和紙は、原料となる 楮(こうぞ) や 手漉きの際に
欠かす事が出来ない トロロアオイ などを、自分達の身近な畑で生産しているのです!

他の産地でも 一部は残っていますが、
しかし 和紙で有名な 美濃和紙 や 越前和紙 などでも その原料となる 楮 などは
実は 栃木県の 那須地方で生産される 那須楮 高知県 で生産される 土佐楮
主原料としているところが多いのです。

その中で、主原料となるものを 自分達で生産していること自体 凄く珍しいにも関わらず
ここの産地が更に凄くて貴重なのが、冬の期間に 原料となる 楮 を
雪原に敷き詰めて漂泊する 雪晒し(ゆきさらし) という

それはそれは、何とも幻想的な工程で生産されるんです。
↓ これが、雪晒し中の工程です。
f0165714_1839499.jpg



この 雪晒し。 何のためにするか分かりますか?


それは、主原料となる 楮 を 自然の力で 漂泊 しているんです!

漂泊といっても あまりピンと来ないかもしれませんが、
この工程のメカニズムも、知られている様で まだまだ謎なんですが、
先人の知恵 とでも言いましょうか、豪雪地帯ならではの工程で、
あまり 知られていない産地 の 内山紙 ですが、350年位 伝承されている和紙産地なんです。


で、この工程の後 手漉きをする訳ですが、
地元栽培している 主原料の楮 + 雪晒し + 手漉き という条件をクリアされた一部の和紙だけに
経済産業省認定の シールが付けられるんですが、

全部が全部付けられる訳でなく、本当にごくごく一部に認定シールが付けられるのですが、
昨日は、その認定シール付き商品 が販売されていたんです!!!
f0165714_18415192.jpg

と言いましても、皆様 こちらも 私の興奮が伝わらないと思いますが、
上の写真右にある商品が、それです!

基本的にこの産地は、昔から 障子紙 がメインで生産されておりまして、
上の写真でも お分かりの様に、障子紙 にしか 認定シール がつかないんです・・・・
(同じ工程で生産されている 和紙も、もちろんありますよ。)
f0165714_18425181.jpg

で、ご存知のように ライフスタイルの変化で、畳の部屋が減少するにつれて、
障子戸なども減ってきている昨今と、産地の作り手の高齢化とも相まって、
この 幻の和紙 の 生産量も ぐっと減っていまして、ほとんど市場に出ないのが現実なんです。

障子紙に 5000円! と驚くかも知れませんが、
上記でも書いたように 雪晒し という工程で処理する事で、
薬品を極力少量で処理できることから、主原料の楮の繊維を傷める事が無いので
非常に強靭な和紙となります!

もう一つ不思議なのが、
普通の 安価な障子紙は すぐに変色してしまうのですが
この 内山紙の障子紙 は、時間を経過する事で 徐々に 白さが増す と言われております。

そんなこんなで、普通に使って入れば 5年位は 障子の張り替え無しで済むとの事。
毎年 師走に障子の張り替えをする事を考えると、この 障子紙を入手出来れば、
結果! コストも普通の安価の和紙と変わらないのです!!

どうしても、いまの生活のスピードになれますと、便利なモノ・安価なモノ となりますが、
よくよく考えて頂くと、和紙に限らず 伝統工芸品 を使うメリットって、まだまだあるんですよ~



書けば、まだまだ この和紙の事はご説明出来るのですが、
とにかく この 認定シール 付きの 上記画像にある様な 内山紙 障子紙 を 見つけた際は
すぐに 買い をお勧めします。


それぐらい 貴重な和紙 それが 内山紙 です。


ちなみに 他の商品も 素朴な商品がありますので
ご興味がございましたら こちらまで お問合わせくださいませ。
f0165714_18454982.jpg

[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-18 18:45 | 伝統工芸
徳島~高松~丸亀 四国巡業 その3
こんばんは。

さて、四国打合せ・視察 巡業 その3です。

淡路島から徳島県鳴門市へ送って頂いた後、
各駅停車の電車(汽車ですが)に乗車しまして、
高松市牟礼・庵治 方面へ 再度訪問する事となりました。

この日は、地元商工会の所長さんによる イサムノグチ庭園 周辺の案内をして頂く事となりました。

f0165714_22223056.jpg
f0165714_22224546.jpg
f0165714_22225970.jpg
f0165714_22231281.jpg


この方、本職はもちろん企業のアドバイスなどされている方ですが、
抜群のガイドさんでした!

今回も、イサムノグチのアトリエ には 行かなかったのですが、
多分、この方のガイドの方が イサムノグチさんの 本質を的確に話して頂けると思います。

現在の イサムノグチのアトリエは、アメリカの財団管理 との事で、
イサムノグチがこの地を選んだ理由から、少々変化しているようですが、
まあ、止むを得ないところではありますが、
我々が 説明を受けた方からの イサムノグチの思い の方が、
しっくり くるお話でした。

で、アトリエ周辺から見える 屋島 と言われる 以下の写真の地
なんで こんなカタチになっていると思いますか?
f0165714_22232135.jpg

興味のある方。
自ら調べて下さい! なかなか 納得の理由ですよ!
[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-14 22:32 | megane 活動
淡路島(早朝)~四国巡業 その2
こんばんは。

さてさて、四国巡業の続き。

前夜(と言いますか・・・・明け方までですが)、淡路島在住のデザイナー 古田 さんのアトリエで、
半分酔っ払いながらデザイン論を熱く交わしたあと、その日の行程の為
早朝起きまして移動開始です!

ですが 古田さんが 「淡路島に来たからには、是非とも見た方がいい!」
熱く語って説明して頂いた 故 丹下健三 氏が設計しました いまは 廃墟 となってしまい
市の管理建物となっている とある建物を 車を飛ばしてご案内頂きました。

私も、少々 建築の設計をしている関係で
建築家 と言われる方々の 建物や情報は、人並みに知っているのですが、
この建物、ほとんど 雑誌などでも紹介されていないようで、
知る人ぞ知る 建物の様です。

しかし、設計された時期は 丹家健三氏が バリバリ活躍していたころの設計の様で、
東京でいまも見る事が出来る 東京カテドラル、代々木体育館 などと同時期と思われる表現を
それらの建物よりも規模が小さい為か、かなり凝縮されている様に感じます。

いろいろと検索してみると、やはり 最近になって 情報が出てきた様で
調べに調べて 見学に行っている様ですが、
基本的に 自己責任 (皆さん、察して下さいね・・・)による見学しか手段がありませんので、
あまり 詳しくは書かない事とします。

最近、建築探訪をあまりしていなかった私ですが、
早朝で、眠い目をこすりながらご案内頂きましたが、
一瞬で 目が覚めて興奮状態になる建物でした!

では、いくつか写真をUPいたします。

f0165714_22372739.jpg

f0165714_22374971.jpg
f0165714_2238653.jpg
f0165714_22382520.jpg
f0165714_22383456.jpg
f0165714_2238446.jpg
f0165714_22385996.jpg
f0165714_22391398.jpg
f0165714_22392247.jpg


この場所は、きれいな瀬戸内海も望めるロケーションにひっそり建っています。
f0165714_2240206.jpg


駆け足の見学でしたが、興奮した気持の中
次の訪問先への移動の為、淡路島を渡って徳島方面へ送って頂きました。
f0165714_22413990.jpg



そうそう、前夜の2件目のお店には 味のある?というか年期の入ったこんな道具がありました。
f0165714_22431218.jpg

なかなかのもんですよね。
[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-13 20:05 | megane 活動
四国巡業 その1
こんばんは。
3連休も終わろうとしておりますが、私は 出張明けで やっといつものペースに戻りました。

先週、1週間 四国・北陸巡業に行ってまいりました。
なかなかハードでしたが、いろいろと感じるところが多い巡業でした。

ということで、初日の様子を少しだけ。


今回は、香川県高松駅にて 淡路島在住のデザイナー 古田 さん にピックアップ頂き
まずは、高松市牟礼・庵治方面へ見学に。

牟礼・庵治 と書いて、ピンとくる方も多いかと思いますが、
イサムノグチが晩年 アトリエを構えたところです。
f0165714_21181256.jpg

今回は、イサムノグチのアトリエには 敢えて訪れない という
それはそれで、なかなか贅沢な訪問でした。
f0165714_21183692.jpg

何故訪問したのか? と言いますと
先月開催された 展示会に、庵治の商工会 が出展していまして、
そこに展示されていた 商品に、わたくしが ピンと来たんです!
f0165714_21173333.jpg

お忙しい中、作業を中断いただき いろいろとご説明を受けました。
f0165714_21192498.jpg

f0165714_21193787.jpg

石の産地 ということで、いたる所に 石が転がっています。
塀も石垣で作られているのがあたり前の風景。
こんなところも イサムノグチが愛したところなんでしょう。

いろいろとご案内頂き、興味が 倍増しました!
すぐに 何かしましょう! という訳でもないですが、
可能性を秘めた産地であることは、訪れて更に実感しました!

お昼は、本場 讃岐うどん です。
なかなか おいしかったです!
f0165714_21245327.jpg


午後は、高松から東に移動しまして 東かがわ市 にある 革製品の製造販売をしているメーカーさんを訪問

ひと昔前は 手袋の産地 だったとの事ですが、
やはり ここでも 生産拠点を海外にシフトしているとの事。
いたるところで聞かされるお話ですが、このメーカーさんは 今でも この地に生産拠点を置いて
頑張っています。 展示会なども 積極的に出ていて、デザイナーさんは よく見るメーカーさんですが、
やはり、産地・生産拠点 を実際に拝見しますと、普段 感じている部分と違うところが見えてきて
こちらも 充実した訪問となりました。
f0165714_2132232.jpg


その後、徳島県鳴門市へ移動。
同行して頂いた 淡路島在住のデザイナー 古田 さん が、デザインした家具を生産販売している
宮崎家具製作所 さん へ訪問しました。

お忙しい中、社長様にいろいろとお話いただき、
その後、工場内を案内してもらいまして、
日本での生産にこだわる企業理念を感じる訪問となりました。
f0165714_21355497.jpg


初日の訪問は終了。

その後、古田さん のアトリエに訪問する為に
淡路島に上陸となりました。

もちろん その後は 夜な夜な 酒を片手に、熱いデザイン論を交わす事となりました。。。。。
[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-10 21:38 | megane 活動
夕暮れの丸亀。ただいま 四国出張中
おはようございます。

現在 今週月曜日から 四国に出張中です。
いくつかの産地やメーカーさんを拝見し、見学させていただいております。

具体的な ご提案もできそうな予感もしますが、
今週後半に続く出張に、体調を整えます。

本日は、丸亀うちわ の作り手の方と打ち合わせです!


画像は、夕暮れの丸亀の空です。
f0165714_6281086.jpg

[PR]
by dstudio_megane | 2011-10-05 06:28 | megane 活動

コンセプトデザインから商品デザインまで、一過性で終わることの無い「根付くデザイン」をプロデュースいたします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
ごあいさつ
内山紙 (和紙)
伝統工芸
考えごと
megane 活動
独り言
未分類
リンクなど
5x8productsのブログ
5x8productsのブログ

江戸切子の店 華硝様のブログ
江戸切子の店 華硝様のブログ

いつもお世話になっています
F様のブログ

F様のブログ

インテリア・建築設計業務は
こちらもどうぞ

GOAT WORK’S建築事務所

ブログランキング
ご協力願います!
クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 全国地域情報へ

にほんブログ村 デザインブログへ

にほんブログ村 デザインブログ アートディレクターへ
以前の記事
2013年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧